ヒゲの脱毛ですっきりとした顔に

長年、自分のヒゲにコンプレックスを持っていました。
朝、電気シェーバーより徹底してヒゲを剃れるはずのT字カミソリで、念を入れてしっかりとヒゲを剃るのですが、午後になるともう、手で顔を触るとぞりぞりとしたヒゲの感触が出て来ます。それだけならいいのですが、皮膚の色との関係なのか、ヒゲの密度の関係なのかわかりませんが(確かにヒゲはかなり濃いです)、ヒゲが生えてくると「泥棒ヒゲ」というのでしょうか、顔の下半分が青々として来て、非常に下品な感じになるのです。
これが自分としては非常にコンプレックスで、午後にも会社でヒゲを剃ろうかと思っていたくらいでした。
しかし昼休みにいきなり電気シェーバーでヒゲを剃っている姿を見られたのでは、元も子もありません。それでどうしたものかと考えた末に、「脱毛クリニックでヒゲを脱毛処理する」ことを考えました。
インターネットで調べてみると、男性向けにそのような施術をしてくれるクリニックは結構あったので、その中の一つを選んで受診しました。
受診でいわれたのは、
・ヒゲの脱毛はレーザー照射で行う。
・ただし、1回ではすべてを取りきれない(正確に言うと毛根の機能をすべて止められない)ので、2か月に1回、1年通う必要がある。
・費用は全部で20万円程度
ということでした。
20万は正直高いな、と思いましたが、背に腹は代えられないほどコンプレックスの気持ちが高まっていたので、その日のうちに1回目の施術をしてもらいました。
痛みが多少あると言われていた通り、1回の照射で輪ゴムを顔にぱちんと当てられたくらいの痛みはありましたが、我慢できるレベルでした。
それを1年6回通って、今の状態です。毎朝ヒゲを剃ることは不要になり、午後にヒゲが生えてくることもなくなり、何より「泥棒みたいな顔」にならないで済んでいます。
これは私にとっては本当にコンプレックスからの解放で、20万が全く高くなかったと思えるくらいです。
本当に施術をうけてよかったです。次はVIOラインでも脱毛しようかなと思ってきました。
参考 VIO脱毛が安いのは?【VIO脱毛におすすめ脱毛サロン】

どこまでムダ毛の処理をすればいいのか、脱毛サロンも視野に

女性に生まれて良かったことはオシャレができることと、髪の毛が伸ばせることであり、女性に生まれて大変に思うことはムダ毛の処理かもしれません。私はサロンへは行っていません。ですが最近は自己処理にも限界を感じつつある部分もあり、脱毛サロンに通おうかと考えつつあります。
自分で毎日シャワーを浴びるときに一緒にカミソリで剃っています。ただ、ほかの人はどこまで毛を剃っているのか気になるのですが、なかなかこういう話はしにくいものです。特に私が気になるのは、二の腕や肩、背中の毛です。さすがに背中は自分でできないですし、ましてや背中の毛は剃る必要があるのかさえ疑問に思いますが、学生の時にプールの授業があったのですが背中の毛が濃くて気にしている友人がいました。
それまで背中の毛なんて見たことがなかったので、私も鏡合わせで確認したら、意外と毛があり気にはしていたのですが特に処理はしていないのが正直なところです。肩や二の腕も、そんな頻繁に見せるところではないので私は毎日は処理していません。むしろ冬場は剃っていないです。腕や足は剃らなければ恥ずかしいですが、その他は見せることがないので気にしていません、
基本的に、ずぼらな性格なためあまりムダ毛に関しては気にしないのですが、一般的な女子のみなさんは毎回どこまで剃っているのか気になります。特に、自分でセルフケアしている方はワキなどはなかなかキレイに剃れないと思うのですが、ほかの方がどのようなやり方で処理しているのかも気になりますし、キレイにできるやり方があるのならば知りたいです。
脱毛サロンは今まで考えていませんでしたが、この前友達と話していたら意外にも脱毛サロンに通っている人が多いことを知って少し興味を持ちました。
値段も安く最初はできるから一度だけでもいってみたら?とその友達にも誘われました。友達は仙台駅近くの脱毛サロンに通っているみたいで、とてもいいとのことなので今度行ってみようかなと思っています。
仙台 脱毛

楽しい時間を少しでも多く作るために…

人間の人生は悲しいことがたくさんあるので、なるべく楽しいことを作ったり、思い出せるように自分を持って行ってます。
例えば自分が可愛がっていた犬のペットが死んだなんて事をいつまでも思ってたら、ずーっと泣き続けなきゃいけないですから、自分がしんどいんで…

だからそんなことに負けないだけ、素敵なことを作るつもりで…

そのためテレビを見る時も、楽しい気分になれるような番組を中心に選んでいるし、それとは別に、高尚な番組もたくさん見て勉強しています。
そういうのは、あとで役に立つことが多いです。

外出する時でも買い物だけで出るんじゃなく、別の喜びもあるように場所を選べば、同じ外出でもグーンと楽しみの幅が広がります。
一つの用事で二つや三つ、別の用事も済ませるように訓練します。
そういうことは、意識しないとできないですね。
普通は必要な買いものだけして、さっさと帰る、とか、それだけで終わりますから。
買い物はそれでいいんですけど、全部がそれだと、もう、何も面白いことがないから、だんだん生活がギスギスしてきて、潤いが全くないですよね?
それだと、家族が寄り付かない家になるし、寂しくなるばっかりです。
そんな風にしないように、笑えたり、楽しいことが話せるように、潤いのある話もできるようにしないといけないです。

そこで、仕入れるわけです。
自分も、よく勉強しなきゃいけないし、あちこち出たりして、いろんな人から話を聞いたり、自分が必死で頑張ったりし続ける中にそのような中から、ホントに笑えることや、楽しいことが訪れてくるんです。

事務的に生活するのは良くないです。
メンタル的にも味気なく、外での会話も何も話せなくなります。
楽しい時間を多く作る為には、自分からそこへ歩み寄るという努力がいります。
そこから、少しずつそういうものは増えていくんです。
自分の中にため込むものも、作るつもりで大切にしなきゃいけないですね!

生活の知恵として財テクには関心を持ち続けよう!

生活の知恵として財テクには関心を持ち続けたいもの。
経済は自分について回るから、知らないよりは少しでも本などを読んで通になっておく方がいいに決まっています。
暇なときにはフィクションより、実用書です!
そういうものを常日頃から読んでおくと、イザ!というときに、仕入れたお役立ち情報で、ホントにギリギリで首が回らないような金欠病の時、お金の都合がつけられるときがあります!
このときには他人にお金を借りるより、自分自身に『ありがとう!』って、深々と頭を下げますよ。
そのくらい、知識がいざという時、自分の生活を助けるんですよ…
だから、そういうほんとに助かることが常日頃からあると、知ってて良かったー!と思えるし、そういう財テク関係とか、経済の知恵とか、役所の行政サービスとかいったような実用書が、何かと便利な必須アイテムみたいに思えてきて、あー、ほんとに役に立つんだー、と思ったら面白くなって本屋でも、つい、そっちに行くようになりますね。
だから、もしその時には忙しくて読まなくても、あとできちんと読むために、そういったお役立ちのお金の本を購入することをお勧めします。
経済の所にいろんなためになる本が置いてあると思いますから、その中からこれはためになる!と思うものを買うんです。
あとは、インターネットなどでも、自分がこれこれの時に大変だった!とか、怒りがこみ上げた!などの時に、検索したら同じような事が実際にあった人がいるわけですよ。
必ずそういう人が書き込みをしてきていますから、参考までに読むことですね。
何件か、同じような事で書いている人を見つけたときには、あー、やっぱり!と思うし、ある意味、自分だけじゃないんだ…とホッとするし、その人がそのあとやった対処方法も、かなり勉強になりますよ。

 

 

ノートPCのCMOS電池交換

お金がないというのが実際の所でもあるのですが、基本的に機械や電気的な物は自分で修理するか、交換して使うことにしています。
そんなこともあって、パソコンも出来る限り修理するか、交換などで使い続けています。

10年程前の古いXPのノートパソコンは、サポート切れもあってフリーOSを入れることにしているのですが、このごろ時間表示が狂うようになってきました。
ネットでしらべてみると、CMOS電池の劣化であろうとうことがわかりましたが、10年余りとなれば仕方ないのかもしれません。
デスクトップであれば、外カバ-を外しCMOSのボタン電池を交換すればよいのですが、ノートPCをとなると、更に細かく分解しないと中のパーツの交換はできません。

しかし、CMOS電池の劣化はいままでの設定が記憶できなくなることもあり、更に低下するとOSが起動しなくなってしまうといい、早めに交換しないといけなさそうです。
一番確かであるのはメーカーのストックパーツを取り寄せる事なのでしょうが、製造年月日を見るとパーツが残っているとも思えず、ジャンク品を探すか自分でなんとかするしかなさそうです。
CMOSのバッテリーは多くはボタン電池であり、型番を調べるとCR2032 とあり3ボルトであるようです。
しかし、新たな電池と大きめの熱伸縮チューブ、ハンダでコードが固定できればなんとかなるのではないかと思います。

それでもCPUの非力さだけはどうしようもなく、普段のように幾つもの画面を開いて使うやり方では、メモリや処理速度でついてゆけず、結局ネットだけか、表計算やワープロなどの非力な物を使うサブノート的なものになっています。

とりあえず、壊れてどうしようも無くなった場合には廃棄と考えていますが、いくつかの予備パーツもあり、できるだけ使い続けて行けたならと思っています。